スペースXのロケット爆発、フェイスブックのプロジェクトにも影響

イーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXのロケット「ファルコン9」がフロリダ州の打ち上げ施設で爆発した。同社のロケットとしてはここ1年余りで2回目の爆発となったほか、フェイスブックによるアフリカでのインターネット普及への取り組みにも影響がありそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。