8月米自動車販売:軒並み予想に届かず-トヨタなど日本勢も低調

更新日時

8月の米自動車販売では、大手メーカーの販売台数が軒並みアナリスト予想を下回った。

  フォード・モーターとゼネラル・モーターズ(GM)は大口顧客(フリート)向けの値引き販売が減った一方、利益率の高いピックアップトラックやスポーツ型多目的車(SUV)の販売も減少した。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は唯一、前年比で販売台数が増加したものの、市場予想には届かなかった。トヨタ自動車と日産自動車、ホンダの日本勢も全て販売が減少した。

  調査会社オートデータによると、8月の米自動車販売は年率換算で1700万台。市場予想は1720万台だった。7月は1790万台と今年の最高を記録していた。

  トヨタは5%減。「カローラ」、「カムリ」、「プリウス」が減少した。ただSUVの販売は伸びた。日産は6.5%減。日産ブランドと高級ブランド「インフィニティ」の両方が落ち込んだ。ホンダは予想外の3.8%減。「アコード」は26%減少した。

原題:Biggest Automakers Miss Sales Estimates as Chance of Record Dims(抜粋)

(第3段落に業界全体の数字を加え更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE