ロンドン外為:ポンドが対ドルで続伸-製造業PMIで景気楽観強まる

ロンドン時間1日午前の外国為替市場ではポンドがドルに対し続伸。8月の英製造業活動が予想に反して拡大し、英国が6月の国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択して以降の同国経済の底堅さに対する信頼感が高まった。

  ポンドは対ユーロでは4週間ぶり高値を付けた。IHSマークイットがこの日発表した8月の英製造業購買担当者指数(PMI)は53.3と、7月の48.3(改定値)から上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では中央値で49が予想されていた。

  ロンドン時間午前9時37分(日本時間午後5時37分)現在、 ポンドの対ドル相場は前日比0.8%高の1.3246ドル。前日は0.4%上昇していた。対ユーロでは1%高の84.11ペンス。

原題:Pound Jumps as U.K. Manufacturing Adds to Post-Brexit Optimism(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE