中国P2P業界は「基本的に詐欺」-資産家の復星国際会長

中国の複合企業、復星国際の創業者で会長を務める資産家の郭広昌氏は、貸し手と借り手をインターネットで結び付ける国内の「ピア・ツー・ピア(P2P)」業界について「基本的に詐欺」だと述べ、破綻や不正などの問題を抱える同業界の企業はリスク評価の能力に欠けると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。