8月の米国債、昨年6月以来の大きな値下がり-チャート

  8月の米国債はここ1年余りで最大の値下がりとなった。イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長ら米金融当局者が利上げの可能性が強まっていると市場に示唆したことが響いた。米国債価格は8月に0.6%下落。先物市場のデータによれば、現時点で60%のトレーダーが年内の利上げを見込んでいる。8月初め時点では36%にすぎなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。