イエレン議長講演に秘められた手掛かり-8月雇用統計読み解く鍵に

  • 当局の判断はデータが見通しを「裏付け続ける」程度に依存と発言
  • エコノミストは8月の非農業部門雇用者数を前月比18万人増と予想

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が8月26日に行った講演のうち、あまり注目を浴びていないくだりが、9月2日に発表される8月の雇用統計を受けて年内に1回の利上げがあるかどうかの鍵を握るかもしれない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。