中国のSDR債市場、5年で7200億円相当に拡大へ-建設銀が予想

中国建設銀行は国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)に基づく債券の市場が中国で今後5年で50億SDR(約70億ドル=約7200億円)相当に膨らむと予想している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。