IMF:アルゼンチンへのけん責処分を11月中に解除も、改革を評価

国際通貨基金(IMF)は8月31日、アルゼンチンの統計局が経済指標の誤りを是正したことを評価し、同国に対するけん責処分を11月中に解除する公算が大きいことを明らかにした。

  IMFはアルゼンチンの新たな消費者物価指数(CPI)の精度向上を強調し、国内総生産(GDP)の修正版が国際基準を満たすと指摘。11月15日に提出予定の報告を待った上で最終判断を下す考えを示した。11月に検討される文書は、派遣団による9月のアルゼンチンとの4条協議に基づく内容になる見通し。

原題:IMF May Lift Argentina Censure by November After Praising Revamp(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE