超長期債が大幅安、金融政策に不透明感-日銀にはしご外されたとの声

更新日時
  • 新発20年、30年、40年物利回りは約5カ月ぶり高水準
  • 長期金利はマイナス0.02%とゼロ付近まで上昇

債券市場では超長期債相場が大幅安。日米の金融政策をめぐる不透明感に加えて、為替市場での円安基調、日本銀行が超長期ゾーンを対象とする国債買い入れオペの実施を見送ったことで、売りに拍車が掛かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。