北海ブレント原油50ドル割れ続けば西アフリカの事業困難に-チャート

  北海ブレント原油価格が1バレル=50ドルを下回る水準にとどまれば、西アフリカでの新規石油プロジェクトの見通しに影が差すと予想されている。ライスタット・エナジー・ユーキューブによれば、アフリカ最大の産油国であるアンゴラの採算価格が最も低く1バレル=49.60ドル。武装勢力によるパイプラインなど石油インフラへの攻撃を受け首位の座を失ったナイジェリアの採算価格は81.80ドルとなっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。