中国人民元、対通貨バスケットで5日続伸-中銀が下支えとの観測で

更新日時

中国人民元は1日、通貨バスケットに対し5営業日続伸。ここ1カ月余りで最長の上昇局面となった。主要20カ国・地域(G20)首脳会議を控え中国人民銀行(中央銀行)が元相場を支えているとの観測が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。