バリック・ゴールド格付け見通し、「ポジティブ」に引き上げ-S&P

米S&Pグローバル・レーティングは8月31日、世界最大の産金会社、カナダのバリック・ゴールドの格付け見通しを「ポジティブ(強含み)」に引き上げた。これまでは「安定的」だった。

  金価格上昇や資産売却、コスト低下がバランスシート改善に寄与するとしている。S&Pの資料によれば、バリックに付与している格付け「BBB-」は据え置かれた。

原題:Barrick Outlook Raised by S&P as Gold Rally Helps Debt Fight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE