パナソニック:4000億円起債、利率は前回の半分-金融以外で今年最大

昨年、4年ぶりに社債市場に復帰したパナソニックは、1年半ぶりに社債を発行した。発行額の4000億円は金融機関を除けば今年最大。日本銀行のマイナス金利政策の影響で、表面利率は前回発行時の約半分となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。