原油価格は最悪期脱した、投資はリスクにさらされている-ヤーギン氏

  • 原油先物は来年「50ドル台半ばのレンジ」に上昇へ:同氏
  • 米原油生産は年末までにさらに日量「20万」バレル減少する見込み

原油価格は最悪期を脱したとの見方を、IHSマークイットのダニエル・ヤーギン副会長が示した。原油価格はかなり安値となっているため、2019年末までに必要な新規供給向け投資を確保できない恐れがあると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。