ドル・円は103円台前半、米雇用統計控えてドルの上値限定的

更新日時
  • ドルは早朝に付けた103円44銭から一時103円06銭まで軟化
  • 米雇用が相当弱くない限り、利上げ観測がドル下支え-みずほ証

1日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=103円台前半で推移。米雇用統計の発表を翌日に控えて、ドルの上値を追う動きは限定的となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。