金の輝き8月に衰える、米金融当局による年内利上げ観測で-チャート

  今年最高のパフォーマンスを示している商品の一つが、8月としてはここ数年で最低のパフォーマンスを記録した。金先物相場は月間ベースで8月としては2009年以来の下落となった。年内利上げが近づきつつある可能性を複数の米金融当局者が示唆したことから、上場取引型金融商品(ETP)を通じた金需要は鈍化した。金融引き締め観測で利息が支払われない金の魅力が低下する中、金に裏付けされたETPの購入は、資金流出となった4月以来の低水準だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。