コンテンツにスキップする

LME銅:7日続落、4月以来の長期の下げ-在庫増とドル高響く

30日のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。在庫増加やドル高が響いた。

  LME指定倉庫の銅在庫は5月以降で最も長期となる6営業日連続で増加。年内の米利上げ観測の高まりでドルが上昇し、他の通貨の保有者にとって銅などの資源が割高となっている。

  LMEの銅相場(3カ月物)は前営業日(26日)比0.2%安の1トン=4607ドルで終了した。これで7営業日続落と、4月以来の長期の下げ。LMEではアルミニウムと亜鉛、スズも下落。ニッケルと鉛は値を上げた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12月限は前日比0.1%安の1ポンド=2.0765ドル。

原題:Mining Companies Slump as Citi Sees Rally Running Out of Steam(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE