コンテンツにスキップする

仏ソシエテ・ジェネラル、パリのエネルギー調査部門を閉鎖-関係者

フランス2位の銀行、ソシエテ・ジェネラルはパリのエネルギー・商品調査部門を今週閉鎖したと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、欧州ガス・LNGをカバーしていたティエリ・ブロ氏や欧州電力・石炭・排出権担当アナリストのパオロ・コーゲ氏が今週退社する。世界の原油市場のカバーはニューヨークで続けるという。

  ソシエテはフランス国内でトレーディング部門を中心に125人を削減すると4月に明らかにしていた。欧州電力・ガスのトレーディング市場はドイツ銀行やバンク・オブ・アメリカが撤退した後、ソシエテなどごく少数の銀行が残っていた。

  広報担当のコレンタン・アンリ氏はコメントを控えた。

  

原題:Societe Generale Said to Close Energy Research Unit in Paris (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE