コンテンツにスキップする

豊田通商傘下のユーラス、仏アクオとウルグアイに風力発電所建設へ

再生可能エネルギー開発を手掛ける仏アクオ・エナジーと、豊田通商傘下のユーラス・エナジー・アメリカは、ウルグアイに風力発電のウィンドパークを合同で建設し、約3万世帯に電力を供給する。アクオによれば、建設するウィンドパーク「フロリダII」ではデンマークのベスタスの風力タービン「V117」が15基設置され、発電能力は合計で50メガワット。コストは両社が均等に負担するという。

原題:France’s Akuo and Toyota’s Eurus to Build Wind Park in Uruguay(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE