コンテンツにスキップする

銀は8月に月間ベースで下落か、米金融当局の利上げ観測で-チャート

銀が下落

  銀価格が8月に月間ベースで下落し、金の下落率を上回る可能性が高まっている。米金融当局が年内に利上げを実施するとの見方が強まったためだ。銀が今月に入って7.2%値下がりする一方、金は2%の下落にとどまっている。ファット・プロフェッツ(シドニー)の資源アナリスト、デービッド・レノックス氏は「金価格が維持されない局面では銀は金よりかなり速いペースで下落する傾向がある。銀は工業用金属としての要素が強いためだ」と指摘。「市場は12月末までの利上げを以前より若干明確に織り込み始めており、それは金と銀価格を下支えすることにはならないだろう」と述べた。

原題:Silver Heads for Monthly Drop After Fed Hike Bets Gain: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE