コンテンツにスキップする

露ガスプロム、4-6月期利益は予想ほど減少せず-ルーブル高が寄与

  • 純利益は17%減の2449億ルーブル、市場予想上回る
  • 約1520億ルーブルの為替差益を計上

天然ガス生産世界最大手、ロシアのガスプロムの4-6月(第2四半期)決算では減益幅が予想より小幅にとどまった。通貨ルーブル高で債務負担が軽減された。

  29日の発表資料によると、純利益は前年同期比17%減の2449億ルーブル(約3900億円)。インタファクスが集計した予想は1860億ルーブルだった。EBITDA(利払い・税金・ 減価償却・償却控除前利益)も市場予想を上回った。同社は約1520億ルーブルの為替差益を計上した。

  売上高は4.9%増の1兆3300億ルーブルだった。主にルーブル高が追い風となり、純債務は年初来で15%減少して1兆7600億ルーブルとなった。

原題:Gazprom Profit Falls Less Than Expected as Ruble Strengthens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE