コンテンツにスキップする

米石油リグ稼働数:前週比変わらず-原油市場に再び慎重姿勢

  • 石油リグ稼働数は6月24日から前週までに76基増えていた
  • パーミアン盆地とイーグルフォードでは石油リグ稼働数が増加

原油価格回復をめぐる懸念が広がる中、米国の石油リグ(掘削装置)稼働数の伸びが停止した。

  米国の石油リグ稼働数は前週比変わらずの406基。前週は10基増だった。石油リグ稼働数は6月24日から前週までに76基増えていた。天然ガスリグは2基減少して81基となり、石油・ガスリグ稼働数の合計は2基減の489基。テキサス州西部のパーミアン盆地で石油リグ稼働数が3基増え199基となり、同南部のイーグルフォード・シェール層では石油リグが1基増え30基となったが、他の地域では主に横ばいかわずかに減少した。

  WTRGエコノミクス(アーカンソー州)のジェームズ・ウィリアムズ社長は26日の電話インタビューで、「原油価格についてかなり神経質になる必要がある。リグ稼働数が増えるたびに原油価格が脅かされる」と指摘した。

原題:Oil Producers Hold Rigs Flat as Caution Returns to Market (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE