コンテンツにスキップする

ソニーのホラー作品「ドント・ブリーズ」が初登場首位-北米映画興収

週末の北米映画興行収入ランキングで、ソニーの低予算ホラー作品「ドント・ブリーズ」(原題)が初登場首位となった。前週まで3週連続でトップだったDCコミックスのスーパーヒーロー映画「スーサイド・スクワッド」は2位に後退した。

  調査会社コムスコアの28日の発表資料によると、ドント・ブリーズの興行収入は推定2610万ドル(約26億6000万円)。オバマ大統領の伝記映画「サウスサイド・ウイズ・ユー」(原題)など週末に公開された他の3作品を大きく引き離した。ワーナー・ブラザーズのスーサイド・スクワッドは1210万ドルだった。

  調査会社ボックス・オフィス・モジョによると、ドント・ブリーズの製作費はマーケティング費用を除いて990万ドル。ハリウッド・ストック・エクスチェンジの予想では、封切り直後の興行収入は1810万ドルと見込まれていた。

Top 10 Films

原題:‘Don’t Breathe,’ Sony’s $10 Million Horror Film, Opens No. 1 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE