コンテンツにスキップする

ECBはさらに深掘り必要も、各国政府が行動しない場合-クーレ理事

  • 財政政策や改革がなければ低金利が続く可能性
  • 異例の金融政策をより頻繁に使う必要が生じる可能性も

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は27日、各国政府がユーロ圏経済の潜在成長力を押し上げる行動を取らない場合、異例の金融政策を異なる形でより頻繁に使う必要が生じる可能性があるとの見解を示した。

  クーレ理事は米ワイオミング州ジャクソンホールで開かれたカンザスシティー連銀の年次シンポジウムで講演し、「マクロ経済的ショックが生じた場合には、短期金利がより頻繁に事実上の下限に押し下げられる状況を目にするかもしれない」と述べた。同理事の発言はECBのウェブサイトに掲載された。

  同理事は「われわれに与えられた物価安定の責務を果たす」と述べた上で、「しかし、他の役者が彼らの領域の政策で必要な措置を講じない場合、われわれの政策運営の枠組みと戦略をさらに深掘りする必要があるかもしれない」と指摘した。

  

原題:Coeure Says ECB May Need to Dive Deeper If Governments Don’t Act(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE