コンテンツにスキップする

サウジアラムコ:通常通り稼働-イエメンがミサイル攻撃との報道受け

サウジアラビア国営の石油会社サウジアラムコは、同社の生産施設をミサイル攻撃したとのイエメン側からの報道を受け、石油・ガスおよび精製施設は全て通常通り稼働していると説明した。

  サウジアラムコの発表文によると国内全ての設備に別状はない。イエメンから発射された一つの飛翔体によりサウジ南部の送電設備で火災が発生した、と国営サウジ通信(SPA)は同国内務省民間防衛局の報道官の発言を引用し伝えた。ナジュラーンで起きたこの火災は消し止められたとしているが、詳細については言及していない。

  武装組織「フーシ」が掌握するイエメンのサバ通信は先に、「匿名の軍関係者1人」による情報として、サウジに向けてミサイル1発が発射されたと報じていた。

原題:Saudi Aramco Says Operating as Normal After Yemeni Attack Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE