コンテンツにスキップする

中国:個人・企業向け「P2P」融資で上限を設定-リスク抑制図る

中国はインターネット経由で貸し手と借り手を結ぶいわゆる「ピアツーピア(P2P)」プラットホームによる個人・企業向け融資に上限を設定した。規制の緩いシャドーバンキング(影の銀行)分野におけるリスク抑制を図る。

  中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は24日、複数のP2Pサイトから個人が借り入れることができるのは100万元(約1500万円)までで、1サイト当たりでは最大で20万元だと発表した。企業の借り入れ上限は1サイト当たり100万元、合計で500万元としている。

原題:China Imposes Caps on P2P Lending to Curb Shadow-Banking Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE