コンテンツにスキップする

ドイツ:4-6月GDP改定値、前期比0.4%増-貿易が寄与

ドイツで4-6月(第2四半期)の経済成長をけん引したのは貿易だった。内需は投資の低迷が響いた。

  独連邦統計局が24日発表した4-6月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は前期比0.4%増と、12日公表の速報値と変わらず。

  4-6月期の輸出が同1.2%増、輸入が同0.1%減となる中で、純貿易の経済成長への寄与度はプラス0.6ポイント。資本投資はマイナス0.3ポイント、民間・政府支出はプラス0.1ポイント寄与した。

relates to ドイツ:4-6月GDP改定値、前期比0.4%増-貿易が寄与

原題:German Trade Bolsters Economic Growth as Investment Declines (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE