コンテンツにスキップする

ゴールドマン・アセットのハーシャン氏が豪株事業MBO主導-関係者

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのオーストラリア株責任者ディオン・ハーシャン氏が、同社の豪株式・債券事業に対するマネジメント・バイアウト(MBO、経営陣による買収)計画を主導している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  買収交渉は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べたところによれば、来月にもMBOが発表される可能性がある。豪州での法人向け事業は対象に含まれていないという。

  ゴールドマン・サックス・アセットの親会社ゴールドマン・サックス・グループの広報担当者はコメントを控えた。ハーシャン氏が関与するMBO計画は、豪経済紙オーストラリアン・フィナンシャル・レビュー(AFR)が先に報じていた。

原題:Goldman Sachs Asset’s Hershan Said to Lead Talks for Unit Buyout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE