コンテンツにスキップする

原油の「ジェットコースター」のような値動き、若手投資家を魅了

  • 原油ETN、S&Pの指数上回るリターンの提供目指す
  • リスクは利益同様に大きいかもしれないが問題ない:サントス氏

カナダのトロント出身のクリス・サントス氏は、投資家生活の中でちょっとした楽しみを見つけるのが好きだ。

  そのため、サントス氏(26)はクレディ・スイス・グループの「ベロシティ・シェアーズ3xロング原油ETN(上場投資証券)」を取引している。同ETNは毎日、S&P・GSCI原油指数の値動きの3倍に相当するリターンを提供することを目指している。投資家らが世界の供給過剰緩和ペースを見極めようとする中、原油価格は強気相場と弱気相場の間を行き来しているが、同ETNに投資することによってサントス氏は動きの速い原油市場のボラティリティ(変動性)を利用できている。

  サントス氏は「速く金持ちになろうとしている若い世代にはテーマがある」と説明。原油市場は「ジェットコースターのようだ」とし、「最終的には、それが私がこのポジションを取引している理由だ。最近は値動きがかなり激しく非常に変動性が高い。楽しい」と語る。

Operations At Hong Kong Ocean Park Ahead Of GDP Figures

原油相場はまるでジェットコースター

Photographer: Justin Chin/Bloomberg

  ETNはETF同様に取引所で取引され原資産に連動する。ただ、ETFの場合は通常、裏付けとなる資産を保有するが、ETNは銀行が発行する無担保債券だ。レバレッジを活用でき、トラッキングエラーもないが、発行体の債務に連動するためリスクも高い。

  ETNに投資しているのはサントス氏だけではない。TDアメリトレードによれば、クレディ・スイスの同ETNは18-34歳の投資家が取引する証券のうち、アップルネットフリックスフェイスブックウォルト・ディズニーに次ぎ5位。ETN投資に伴うリスクは利益同様に大きいかもしれないが、それについては問題ないとサントス氏は述べた。

  FMDキャピタル・マネジメント(カリフォルニア州)のマネジングパートナー、デービッド・ファビアン氏は、より慎重な投資家ならもっと安全な立場にいることを望むだろうと指摘する。これらのETNへの投資は損益の幅が大きく、1日ごとにリセットされるため長期的パフォーマンスは阻害されると語る。

  同氏は「ギャンブルで黒に賭けるとか赤に賭けるとか言うようなものだ。真の投資心理というよりギャンブルやトレーディング心理と関係がある」と述べた。

原題:Crude Price ‘Roller Coaster’ Spurring a Rush for Young Investors(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE