コンテンツにスキップする

運用成績世界一のヘッジファンド、高配当銘柄を空売り-割高感で

更新日時
  • オスロ・アセット「AAMアブソリュート」、15年はプラス58.5%
  • 低金利時には配当実施企業のバリュエーションが高くなりすぎと判断

運用成績世界一のヘッジファンドは、投資家に高配当を約束してバリュエーションの魅力を高めている企業の株式を空売りしている。

  HSBCホールディングスが2015年のヘッジファンド運用成績トップに位置付けた「AAMアブソリュート・リターン・ファンド」は、「短期間でも配当の維持に苦労する」エネルギー企業の株価下落を見込んでいる。オスロ・アセット・マネジメントの最高経営責任者(CEO)として同ファンドの運用に携わるハラルド・ジェームズオタハーグ氏が明らかにした。

  オスロにあるノルウェー王宮を見渡せるオフィスで22日にインタビューに応じたジェームズオタハーグ氏(43)は、「投資家が利回りを追求する低金利時代には、配当実施企業に気前の良いバリュエーションが与えられるケースが多い。一部銘柄は極めて割高になった」と指摘した。

Mexico Lawmakers Poised To Give Final Approval to Energy Investment Rules

原油リグ

Photographer: Susana Gonzalez/Bloomberg

  世界の石油メジャーは減益の中で配当支払いを継続するため借り入れを増やしている。エクソンモービルやロイヤル・ダッチ・シェルなど大手石油会社の債務は合計1380億ドル(約13兆8300億円)に膨らみ、7-9月(第3四半期)と10-12月(第4四半期)も増加する可能性が高い。ノルウェーでは、国有石油会社スタトイルが6月末までの1年間に債務を53億ドル増やした。

relates to 運用成績世界一のヘッジファンド、高配当銘柄を空売り-割高感で

  ジェームズオタハーグ氏率いるAAMアブソリュート・リターン・ファンド(運用額2億3000万ドル)は、エネルギー関連株や天然資源関連株でのロング・ショート戦略を中心に運用しており、15年のリターンはプラス58.5%。エネルギー・インフラ株などの空売りが奏功した。

  同ファンドはファンダメンタル分析を使って株価の割高・割安を判断し、どの資産クラスとの相関も避けることを目指した戦略を取る。これにより05年末の運用開始以降のリターンはネットベースで年率プラス12%、今年は7月時点でプラス10.2%となっている。
  
  ジェームズオタハーグ氏によると、同ファンドは空売りを続けているものの、景気敏感のエネルギーセクターで「ロング(買い持ち)する極めて良いチャンス」が久しぶりに訪れているという。

  同氏は「多くの投資家は市場のテーマやマクロ経済見通しで投資し、個別銘柄の投資で十分な選別を行っていない。このためわれわれは、市場の方向性でリスクを取ることなく、個別銘柄の割安ないし割高な状態を有効に利用するチャンスを得られる」と指摘。産油会社や探査会社の投資削減で減収に見舞われている油田サービス事業者を、原油安でもロングの好機をもたらしている1業種として挙げた。

原題:The World’s Top Performing Hedge Fund Is Shorting Big Dividends(抜粋)

(7段落以降を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE