コンテンツにスキップする

北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル、日本の防空識別圏に初めて打ち込む

更新日時
  • ミサイル能力の向上示す、安全保障に深刻な脅威-官房長官
  • 外交ルート通じ抗議、米国や韓国などと連携して自制求める

北朝鮮が24日朝、日本海に向けてミサイルを発射した。菅義偉官房長官によると、打ち込まれたのは潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)で、日本の防空識別圏に初めて到達した。

  菅官房長官は24日午前の会見で、ミサイルは北朝鮮東岸から東北東方向に発射され、約500キロ飛んで日本海に落下したと説明した。菅氏によると、落下場所は特定できており、破片の回収も含めて対応するという。

  菅氏は今回の発射は北朝鮮のミサイル能力の向上を示すもので、安全保障に関する深刻な脅威だと指摘、外交ルートを通じて北朝鮮に厳重に抗議したことを明らかにした。また米国や韓国などと連携して挑発行動を強く求めるとしている。

  安倍晋三首相は、航空機や船舶などの安全確認徹底、不測の事態に備え万全の態勢をとることなどを指示している。

  岸田文雄外相は24日午前に都内で開いた日中韓外相会談後の共同記者会見で、北朝鮮に挑発行動の自制を求めることなどで3カ国が一致したことを明らかにした。中国の王毅外相も朝鮮半島の緊張を高める動きには反対するとの見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE