コンテンツにスキップする

欧州株:上昇、PMIが活動拡大示す-鉱業株とエネルギー銘柄高い

23日の欧州株式相場は上昇し、指標のストックス欧州600指数は2週間ぶり大幅高となった。金属価格の上昇を背景に鉱業株が反発したほか、経済指標が域内経済の拡大継続を示した。

  ストックス600指数は前日比0.9%高の343.60で終了。英豪系BHPビリトンと英アングロ・アメリカンを中心に鉱業株が上げ、業種別19指数の中で上昇率首位となった。中国の鉄鉱石価格は2週間ぶり高値を付けた。IHSマークイットが発表した8月のユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)速報値は53.3と、7カ月ぶりの高水準に達した。この日の指数構成銘柄の出来高は30日平均を18%下回った。

  CMCマーケッツの市場アナリスト、マイケル・ヒューソン氏(ロンドン在勤)は「そこそこ反発した。資源銘柄と一部経済データがまずまずの内容だったことが主因だ」と発言。「今朝の発表のうち、これまでの相場上昇が脅威にさらされていることを示すものは実際何もなかった」と付け加えた。

  石油・ガス銘柄も上昇。フランスのトタルとイタリアのENIの上げが目立った。イランが増産凍結に向けて他の産油国と協調することに姿勢を前向きにした可能性があるとの観測から、原油相場が一時の下げから上げに転じたことが背景にある。

Miners' Rebound Supports Stoxx 600

原題:Europe Stocks Climb as Miners Rebound and PMI Data Show Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE