コンテンツにスキップする

世界銀行、SDR建て債を中国で来週起債する計画-関係者

  • 8月31日にSDR建て債の価格条件を決定
  • 第1弾として発行するのは3年債、額面は5億SDR

世界銀行は来週、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)建ての債券を中国で起債する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。SDR建て債の発行は約30年ぶり。

  公に話す権限がないとして関係者らが匿名を条件に話したところによれば、SDR建て債の価格条件は今月31日に決まる。関係者の1人によると、第1弾として発行するのは3年債となり、額面は5億SDR(約700億円)。SDR建て債の発行は1980年代以降では初めてとなる。

  中国政府は人民元の国際的利用の拡大を促進しており、IMFは2015年に元を今年10月1日からSDRの構成通貨に採用することを決定。中国の主要金融機関はSDR建て債発行への期待感を表明していると、中国人民銀行の易綱副総裁は今月15日の記者会見で述べていた。
  
原題:World Bank Said to Be Planning SDR Bond Sale Next Week in China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE