コンテンツにスキップする

ファイザー、1.4兆円でメディベーション買収-サノフィとの争い制す

米製薬会社ファイザーはバイオテクノロジー会社の米メディベーションを買収することで合意した。買収額は約140億ドル(約1兆4100億円)相当で、フランスの競合サノフィとの買収合戦を制した。

  両社が22日に発表したところによると、ファイザーはメディベーション1株に現金81.50ドルを支払う。メディベーション株の19日終値は67.16ドルで、米国22日朝方の時間外取引では約20%高と急騰している。

Pfizer Inc. Research And Development Center Ahead Of Earnings Figures

ファイザー

Photographer: Scott Eisen/Bloomberg

  メディベーション買収でファイザーは、前立腺がん治療薬「イクスタンジ」(一般名エンザルタミド)を手に入れる。イクスタンジは年間売上高が10億ドルを超える大型新薬で、アナリストの間では2020年までにメディベーションの取り分だけで13億3000万ドルに上るとみられていた。ファイザーのイアン・リード最高経営責任者(CEO)は5月、開発の初期過程にある新薬候補はすでに多数抱えているとして、開発段階後期にある資産の買収の方に強い関心を持っていると語っていた。

  メディベーションをめぐっては、がん治療で野心を燃やすサノフィが5カ月にわたり敵対買収と友好的な買収の両方の手法で買収を仕掛けていた。サノフィは1株当たり58ドル、追加で3ドル上乗せする案を提示したが、拒否されていた。

原題:Pfizer Trumps Sanofi With Medivation Deal for $14 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE