コンテンツにスキップする

トヨタの中国合弁、一部株式を親会社に売却へ-売却益380億円

トヨタ自動車の中国での合弁相手の1社、天津一汽夏利汽車は同合弁事業の株式15%を親会社の中国第一汽車集団に売却する計画だ。売却でモデル更新とリストラのための資金を調達する。

  天津一汽夏利汽車が20日発表した資料によると、同社は売却で25億元(約380億円)の売却益を計上する予定で、出資比率は15%に低下する。中国第一汽車集団の出資比率は35%となり、トヨタは50%で変わらない。

原題:Toyota’s China Partner Raises Funds With Stake Sale to FAW (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE