コンテンツにスキップする

トルコ格付け見通しネガティブに下げ、「BBB-」は維持-フィッチ

格付け会社フィッチ・レーティングスは、トルコの長期債格付けを投資適格級で最も低い「BBB-」で据え置く一方、格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。7月のクーデター未遂に伴う政治リスクの高まりを指摘した。

  フィッチは政治的な混乱に伴いトルコの経済成長が鈍化する恐れが生じ、見通しの不透明さが増したと分析した。ムーディーズ・インベスターズ・サービスはトルコ格付けについて、クーデター未遂の影響を考慮し、引き下げ方向で見直す作業を続けている。S&Pグローバル・レーティングは7月20日に投資適格級を2段階下回る「BB」に1段階引き下げた。

原題:Turkey Keeps Fitch Investment Grade; Outlook Cut to Negative (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE