コンテンツにスキップする

NY外為(19日):ドル上昇、SF連銀総裁発言で利上げ観測

更新日時

ニューヨーク外国為替市場はドルが反発。トレーダーは米金融政策当局による年内利上げが実現するのかどうかを見極めようとしている。

  ドルは主要通貨の大半に対して上昇した。サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁が9月の
連邦公開市場委員会(FOMC)について、すべての会合と同様に金利引き上げを討議する可能性があると述べた。

Dollar Whiplash

  クレディ・アグリコルの法人・投資銀行部門でG10通貨戦略責任者を務めるバレンティン・マリノフ氏(ロンドン在勤)は「米金融政策当局は引き締め期待が著しく後退するのを避けたがっている」と述べ、「ドル売りは終わりを迎えるだろう」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時ごろ、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%上昇。ドルは対円で0.3%上昇して1ドル=100円22銭、対ユーロでは0.3%上昇して1ユーロ=1.1325ドルとなっている。

  商品先物取引委員会(CFTC)によれば、ヘッジファンドなど大口投機筋が建てているドルのネットロングは8月16日までの1週間で12万5117枚と、前週の14万4268枚を下回った。

  ウィリアムズ総裁は18日、米経済には早期の利上げを正当化する十分な強さがあると述べた。

  SEB(ストックホルム)のストラテジスト、リチャード・フォルケンホール氏は、「少なくとも今週の金融政策当局者の発言は、今年の金融引き締めに対する期待により一致させようとしている」と述べた上で、「しかし市場参加者はまだ確信していない」と続けた。  

  ブルームバーグがまとめた先物市場動向によると、9月の米利上げ実施は約24%織り込まれている。年末までの利上げは約52%と、1週間前の42%から上昇した。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は26日、ジャクソンホールで講演する。

原題:Dollar Gains, Paring Worst Slide Since April, as Fed Bets Mount(抜粋)

(相場を更新し、第5段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE