コンテンツにスキップする

香港株:反落、値上がりに息切れの兆し-カジノ株やキャセイ航空安い

更新日時
  • 投資判断引き下げを受けてサンズ・チャイナとスワイヤーが下落
  • ハンセン指数は0.4%下げ、H株は0.5%安-上海総合は0.1%高

19日の香港株式相場は反落。週間ベースでは3週連続上昇したが、値上がりに息切れの兆候が示された。アナリストが投資判断を引き下げたサンズ・チャイナ(金沙中国)やスワイヤー・パシフィックが売られた。キャセイ航空は週間で1年ぶりの大幅な下げとなった。

   ハンセン指数は前日比0.4%安の22937.22で終了。前週末比では0.8%上昇した。サンズ・チャイナ(1928 HK)は4.1%下げ、カジノ株の下げを主導。スワイヤー・パシフィック(19 HK)は2月以来の大幅な値下がり。HSBCホールディングスが同銘柄の投資判断を引き下げた。1ー6月(上期)決算で減益となったキャセイ航空(293 HK)は週間で12%下落。

  香港上場の中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.5%安で終了。本土市場では上海総合指数が0.1%高の3108.10で引けた。

  パートナーズ・キャピタル・インターナショナル(香港)の幹部、温天納(ロナルド・ワン)氏は「香港株式相場はすでにかなり上昇しているので、相場を刺激するにはさらに明るいニュースが必要だ」と指摘。「中間決算は相場にプラスの影響を与えているが、こうした企業決算は織り込み済みであり、さらに相場を押し上げるのは難しい」と述べた。

原題:Hong Kong Stock Rally Runs Out of Steam as Casino Shares Retreat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE