コンテンツにスキップする

ハーバード大基金、資産3600億円の天然資源グループの責任者を指名

米ハーバード大学の寄付基金を運用するハーバード・マネジメント(運用資産376億ドル=約3兆7700億円)は、コリン・バターフィールド氏を天然資源グループの責任者に指名した。前最高経営責任者(CEO)の下で、同グループからは人材流出が相次いでいた。

  ハーバード・マネジメントの18日の発表によると、バターフィールド氏(43)は米教職員保険年金連合会(TIAA)とコザンのブラジル農地投資運用合弁、レーダーのCEOを務めていた。バターフィールド氏は10月初めにハーバード・マネジメントに加わる。

  ハーバード大寄付基金の天然資源ポートフォリオの規模は36億ドル(約3600億円)。同大の報告によれば、ポートフォリオにはブラジルなど新興国の森林地が含まれる。2015年6月末までの1年間の天然資源と商品のポートフォリオのリターンはプラス3.5%。

Colin Butterfield

コリン・バターフィールド氏

Source: Harvard Management Co.

原題:Harvard Names Head of $3.6 Billion Natural Resources Group (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE