コンテンツにスキップする

WTI原油が強気相場入り、OPEC増産凍結合意観測で-チャート

強気相場入り

  9月に開催される石油輸出国機構(OPEC)の非公式会合で原油増産凍結協議が合意に達するとの観測が高まり、原油価格は6営業日続伸し強気相場入りした。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の米指標原油ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は18日、1バレル=48.22ドルと、8月初めに付けた安値である39.51ドルから22%上昇して取引を終えた。

原題:WTI Enters Bull Market After OPEC Rekindles Freeze Hopes: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE