コンテンツにスキップする

NY銅先物:上昇、米年内利上げ観測後退-大半のLME金属も高い

18日のニューヨーク銅先物相場は上昇。前日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を受けて年内の利上げ観測が後退し、ドルが下落したことが追い風となった。他の工業用金属も大半が値を上げた。

  トレーダーが織り込む12月までの利上げの確率は46%と、議事録公表前の53%から低下している。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12月限は前日比0.7%高の1ポンド=2.1785ドルで終了した。

  ロンドン金属取引所(LME)ではアルミニウム相場が一時約1年1カ月ぶりの高値に達したが、結局下落して取引を終えた。銅と亜鉛、鉛、スズ、ニッケルは上昇した。

原題:Tailwind From Fed Minutes Propels Gold, Copper as Rate Fears Ebb(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE