コンテンツにスキップする

グリーンスパン氏:米金利は近い将来に上昇へ、恐らく驚くほど急速に

  • 低金利は「ずっと長く」続くことはない
  • ユーロ圏は「崩壊するだろう」

グリーンスパン元米連邦準備制度理事会(FRB)議長は金利が近く、恐らく急速に上昇し始めるだろうと予想した。

  グリーンスパン氏はブルームバーグ・ラジオとのインタビューで、「こうした金利水準をずっと長く維持できるとは考えられない」と述べた。インタビューは今週末に放送される。
  「金利は上昇し始めるはずで、そうなった場合は、その速さでわれわれを驚かす可能性がある」と付け加えた。

Bloomberg Surveillance Hosts Former Fed Chairman Alan Greenspan For Discussion On Impact Of Brexit Vote

グリーンスパン氏

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  グリーンスパン氏は米経済が低い経済成長と高いインフレ率を伴うスタグフレーションの局面に向かっているとする懸念をあらためて表明。単位労働コストが上がり始め、マネーサプライの伸びが加速し始める中、「その非常に初期の段階に至ったことが明確になりつつある」と指摘した。

  同氏はまた、ユーロ圏が現在の形で存続する可能性について悲観的な見方を示し、「崩壊するだろう、まさにさまざまな分野でその兆候が表れつつある」と続けた。

原題:Greenspan Sees U.S. Interest Rates Rising Soon, Perhaps Rapidly(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE