コンテンツにスキップする

スズ価格はさらに上昇する可能性-ミャンマーの生産減少で

  • スズ価格は今年、非鉄金属で2番目に高いパフォーマンス示す
  • 来年の生産は埋蔵量減少と品位低下で最大5000トン落ち込むとの見方

非鉄金属で今年2番目に高いパフォーマンスを示しているスズの価格がさらに上昇するとの見通しを、国際スズ研究所が示した。世界3位のスズ生産国であるミャンマーの生産が来年減少するためと説明している。

  同研究所の中国の首席代表、崔琳氏はミャンマーの中国向け輸出に基づいた推計を引用し、ミャンマーのスズ生産は昨年とほぼ変わらずの5万トンとなり、来年は埋蔵量の減少と品位低下により最大5000トン落ち込む可能性があると指摘した。中国はミャンマー産スズの主要輸出国。

原題:Tin May Extend Gains as Myanmar Ore Output Seen Flat Then Down(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE