コンテンツにスキップする

LME銅:上昇、鉱山会社による見通し改善-NY銅先物も値上がり

16日のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇。鉱山会社による見通しが改善し、供給過剰懸念が和らいだ。

  アントファガスタのイバン・アリアガーダ最高経営責任者(CEO)は同社が重点を置いているのは生産の最大化より利益だと説明。同社はこれに先立ち、通期の生産が71万-74万トンの目標レンジ下限になると予想した。BHPビリトンは銅と原油についてより前向きな長期見通しを示した。

  LMEの銅相場(3カ月物)は前日比0.9%高の1トン=4811ドルで終了。年初来上昇率は2.3%と、LMEで取引されている主要金属6種で構成するLME金属指数の9.8%を下回っている。

  LMEではアルミニウムとスズ、鉛も上昇。亜鉛とニッケルは下落した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物相場は値上がりした。

原題:Antofagasta and BHP Bring Belated Boost to Laggard Copper Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE