コンテンツにスキップする

新興市場株:9日続伸、昨年4月以降で最長-米低金利長期化の観測

16日の新興市場株は上昇。このままいけば9営業日続伸と、2015年4月以降で最長の値上がり局面となる。原油価格が1カ月ぶりの高値近辺で推移しているほか、米国の低金利が長期化するとの観測が広がり、高リスク資産の需要が高まった。韓国ウォンなど新興国通貨も上げている。

  MSCI新興市場指数は香港時間午後0時42分(日本時間同1時42分)現在、前日比0.1%高の917.14。このまま推移すれば15年7月以来の高値となる。インドネシア株やマレーシア株が上げを主導し、香港上場の中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数は年初来高値。休場明けの韓国株は8営業日続伸。台湾株は下落している。

原題:Emerging Stocks Head for Longest Rally in 16 Months as Won Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE