コンテンツにスキップする

米エトナ:オバマケア保険販売で11州から撤退-他社に追随

米医療保険会社エトナは医療保険制度改革法(オバマケア)に基づき個人向け保険を販売する保険取引所について、2017年に15州中11州から撤退する。米国では赤字増大に直面し、オバマケアの保険販売から撤退する企業が出ている。
  同社はアイオワ、デラウェア、ネブラスカ、バージニア州で販売を続けるものの、ペンシルベニア、フロリダ、オハイオ州などから撤退する。

原題:Aetna Quits Most Obamacare Markets, Joining Other Major Insurers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE