コンテンツにスキップする

米プラクスエアと独リンデが合併交渉-関係者が明かす

更新日時

プラクスエアと独リンデが合併で交渉を行った。事情に詳しい関係者が明らかにした。合併が成立すれば産業ガスで世界最大の供給業者が誕生する。

  関係者の1人によると、両社は合併の可能性について議論したが、現在の交渉の段階は明らかでない。協議が部外秘だとして匿名で語った。

  プラクスエア株は時間外取引で15日午後8時17分(日本時間16日午前9時17分)現在、4.2%高の123ドル。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が合併協議について伝えた。同紙によると、協議は微妙な状況にあり、合意に達しない可能性がある。
  両社の担当者のコメントは通常業務時間外に得られていない。

原題:Praxair Said to Have Held Merger Talks With German Rival Linde(抜粋)

— With assistance by Dagney Pruner

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE