コンテンツにスキップする

PIMCOのキーセル氏:今は米社債と新興市場債が最も魅力的

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のグローバルクレジットを担当するマーク・キーセル最高投資責任者(CIO)は12日、米国債利回りが引き続き低水準で、日欧の国債価格が中央銀行の政策で過度に高くなっていることから、米国の社債と新興市場債が最も投資妙味のある2つの債券セクターだとの見方を示した。

  同CIOはブルーバーグテレビジョンとのインタビューで、「クレジットリスクを取りたいと思うのなら、今は米国の市場と新興市場がクレジットリスクを得る最も魅力的な場所だろう」と語った。

原題:Pimco’s Kiesel Recommends U.S. Corporate, Emerging Market Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE