コンテンツにスキップする

マレーシア:5四半期連続で成長減速-刺激策求める圧力強まる公算

マレーシア経済の成長率は4ー6月(第2四半期)に5四半期連続で鈍化した。世界的に需要が活気を欠く中で、政策当局に刺激策の強化と消費の押し上げを求める圧力が強まりそうだ。

  マレーシア中央銀行の12日の発表によると、4ー6月の国内総生産(GDP)は前年同期比4%増。ブルームバーグ・ニュースの調査の予想中央値と一致した。1ー3月(第1四半期)は同4.2%増だった。

  マレーシア中銀は7月、予想外の利下げを発表した。政府は今年の経済成長率を4ー4.5%と予想している。

原題:Malaysia’s Growth Slows as Pressure to Add Stimulus Increases(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE