コンテンツにスキップする

JPモルガン・アセットが日本株ファンドを清算-9月1日付

更新日時

JPモルガン・アセット・マネジメントはジャパン・マーケット・ニュートラル・ファンドを9月1日付で清算する。解約により4日時点の運用額が1700万ドル(約17億円)に減少し、過去の成績などから、新規資金を見込むのは難しいと判断した。

  ファンドの清算はブルームバーグが入手した投資家向け資料で明らかになった。同ファンドの目論見書によると、運用額が3000万ドルを下回った場合は清算可能としている。投資家は他のファンドに乗り換えるか、清算代金を受け取るなどの選択肢がある。

JPMorgan Chase & Co. Ahead of Earnings Figures

JPモルガン・チェース本社(ニューヨーク)

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

  同ファンドのリターンは7月末時点で同月次が2.1%。3カ月リターンはマイナス1.6%。2011年6月3日の運用開始以来ではマイナス16.3%だった。

  昨年来の中国経済の変調や英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けリスク回避の円高が進行。国内株価の低迷とともに、日本株に投資するヘッジファンドなどの運用成績も不振が続いている。

  シカゴ拠点の調査会社ヘッジファンド・リサーチ(HFR)によると、日本市場で運用するヘッジファンドの上半期収益率はマイナス6.1%。運用額も減少しており3月末時点で15年6月末比14%減の262億ドル(約2兆7700億円)と、昨夏以降は資金流出が拡大している。

(第4、5段落を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE